CASE▽スピーチプライバシーの測定と評価

依頼主:メーカ、ゼネコン、設計事務所
目 的:音声による情報漏洩の防止
キーワード:スピーチプライバシー、AIJES-S0003-2021
      音声による情報漏洩防止、情報漏洩のクラス、
      うるささのクラス


目的


「日本建築学会環境基準 AIJES-S0003-2021 スピーチプライバシーの評価規準と設計指針-音声による情報漏洩防止-」に基づき、オープンプランオフィスや会議室等で音声の内容が第三者に伝わる情報漏洩を防ぐための性能を評価します。


測定


・1/1オクターブバンド音圧レベル
・騒音レベル(A特性音圧レベル)


評価


測定結果より、聞き手の位置における音声の音圧レベル(LS2)と暗騒音の音圧レベル(LN2)を求めます。LS2とLN2の値から総合評価チャートを用いて評価を行います。


スピーチプライバシー総合評価チャート